OPERATOR

現場に直行!今日も一日安全でありますように
モノ作りを行う上で一番最初の土台を作るのが重機オペレーター。基本的に現場に直行直帰。現場に着いたら、図面を見ながら今日一日の進行や掘る位置の確認などを全員でチェックします。
ベトナム人スタッフとの交流の場でもある、朝礼は大切な仕事
3人のベトナム人スタッフは全員重機オペレーターの研修生。皆まじめで、早くこの仕事を覚え一人前になりたいと野望を持ち、重機に悪戦苦闘しています。その3人とも8:00の作業開始に向けて、コミュニケーションを取っていきます。
1㎝単位で掘るオペレーターの仕事は繊細さが要求される
重機と人の動きを連動させるのがオペレーターの役割。測量機で掘るサイズを見極め、掘る順番を考えながらの作業は1㎝の狂いも許されず、一日中気を張ります。ランチでリラックス&パワーチャージし、午後の作業に備えます。
重機オペレーターの採用情報を見る

DUMPER

ダンプが主役。まずはダンプカーのエンジンを始動!
ダンプカーはこの仕事にとって主役です。自分の家族を愛するように、ダンプカーを大切に扱い相棒と称える社員たちが朝7:00前に出勤し、一台一台暖機を行い、一日をスタートさせます。
パワーと笑顔も満タンに!今日も一日安全運転
1時間前には現場近くでスタンバイすることを徹底しているドライバーたち。チームワークが鍵を握るので、朝食も早々に当日の打ち合わせを行います。現場で残土を積み込んだら、さぁ出発!
ダンプは相棒。「ありがとう」そして「また明日もよろしく」
会社に戻ったら伝票整理と洗車が毎日の日課。そして弊社では、必ず洗車することを心がけています。今日一日の無事と酷使して走ったダンプカーへの労いの意味も含め、キレイにしメンテナンスすることを忘れません。
ダンプ運転手の採用情報を見る

お問い合わせ